どうして失敗した?SFA導入の落とし穴

SFAは営業活動を可視化し、情報を効率的に管理・共有できる営業支援システムです。
目的に応じて適正に扱うことができれば営業力を底上げしてくれる強力なツールですが、導入に失敗するケースも少なからずあるのが現状です。
SFA導入に失敗するパターンとして多くあるのが、SFAにより業務負担が増えてしまう事です。
データ管理・共有しやすくなるがメリットではありますが、管理するためにはデータを入力する必要があります。
リアルタイムで情報を共有するためには随時データ入力をする作業が必須となり、入力が面倒、上司からのチェックが厳しい、と営業マンから敬遠されてしまう場合があります。
SFAを実際に利用していくのは現場の営業マンになりますので、導入する前にしっかりとSFAの役割や効率化の方法について理解を得ることが重要となります。
ただ上層部が決めたから、といった理由であまり理解しないまま現場に新システムを導入するのはSFAに限らず失敗のもとですので注意しましょう。

最新記事