SFAの導入が日本で遅れていた原因とは?

今でこそ多くのビジネスマンが注目しているSFAですが、日本に伝わってきた当初はなかなか受け入れられなかったようです。
SFAとはSales Force Automationの頭文字からとられており、1990年代から提唱されはじめました。
本格的に広がりはじめたのは1993年にシーベルシステムズがSFAアプリケーションをリリースしたことがきっかけで、米国ではかなりの人気を誇りました。
そんなSFAが日本に渡ったのは1990年代後半ですが、当時は米国と日本での価値観の違いもありなかなか浸透しませんでした。
そもそもネット環境があまり整備されておらず、PCスキルを持つ人材が少なかったのも原因の一つです。
しかし、最も大きな原因は日本の営業体制によるものでしょう。
努力や根性などが重視されていた日本の属人的な営業文化には、効率と可視化を重視するSFAのツールが受け入れがたかったようです。
今でこそ日本企業とSFAツールの成長により普及していますが、昔は失敗事例の方が多く敬遠されていたのです。

導入簡単!お手軽操作のSFA
初期費用無料でカンタン仕様のSFAアプリケーションサービスです

最新記事